司会者

司会者のやること

結婚式当日に新郎新婦をあれこれサポートしながら、
披露宴の司会進行を行なってくれるのが司会者の存在です。

司会者の存在があると、結婚式そのものがとても引き締まります。
結婚式が滞りなく行なわれるかどうかは司会者にかかっていると言っても
決して過言ではないのです。

司会者の活舌が悪いと、
それだけで結婚式そのものがどうしてもストレスフルなものになってしまいます。

司会者の力量によって結婚式がまったく別物になると言っても決して過言ではないのです。

あまり慣れていない司会者ですと、
段取り通り進める事で精一杯になってしまい、
新郎新婦の気持ちですとか、
参加者の気持ち等を考慮する余裕がなくなってしまうのです。

しかし、ベテランの司会者ともなると場の雰囲気を
しっかりと感じながら司会進行を務めてくれるのです。

プロの司会者のメリット

時にはアドリブを入れるなどしたり、あるいは参加者に話を振ったりするなど、
結婚式の雰囲気をより良いものにしてくれるのです。

どちらの司会者に依頼したいかといえば言うまでもないでしょう。
友達に依頼する人もいますが、司会を別で用意する新郎新婦も珍しくありません。

それはやはりそれだけ司会の役目がとても大切なものだからだと言えるでしょう。
司会のおかげで結婚式が微妙なものになってしまう事だってあるのです。

友達に頼んだものの、司会など初めて。
司会進行どころか文を読むのすらたどたどしいものになってしまっている。

それでは結婚式の印象は「楽しかった」「感動的だった」ではなく
「司会がおかしかった」といったものになってしまうでしょう。

友人との付き合い方すら変わってしまうかも知れません。

そのリスクを考えたら、
友達に任せるよりもプロの司会を用意してもらった方が良いでしょう。
部外者に依頼するのは気が乗らないという人もいるかもしれません。

ですが、結婚式の準備段階で司会者と顔をあわせる機会もありますので、
そこで自分達がどのような結婚式にしたいのか伝える事が出来ます。司会はプロです。

どのような結婚式にしたいのかを告げればしっかりと意に添ってくれます。

「あまり余計な事を言わないで欲しい」
とでも告げればアドリブで受け狙いを取ろうともしないでしょう。
司会はプロです。
自分達が「このようにして欲しい」
「このようなコンセプトなんです」と告げれば、それを忠実にこなしてくれるでしょう。