ヘアメイクアーティスト

ヘアメイクアーティスト

結婚式当日一番忙しいスタッフといえば
ヘアメイクアーティストかもしれません。

何を行なうのかは名前からも解るように、新婦のヘアメイクです。
人間にとって髪形は印象を決定付けるものですのでとても大切なものです。

結婚式の場合、新婦はドレスを着る事になるでしょうから、
ドレスと合った髪形かどうか。

マッチしているかどうかは
ヘアメイクアーティストにかかっていると言っても決して過言ではないですからね。

結婚式当日は誰よりも早く新郎新婦に会い、ヘアメイクを行なう事になります。
また、それでお仕事が終わりではありません。

新婦は途中で衣装替えを何回も行ないますが、
その度に髪形を変えたり、あるいはメイクを直したりします。
もちろんそれらは全てヘアメイクアーティストのお仕事になります。

言うなれば新婦の綺麗さを作るというのがお仕事ですので、
当日の新婦の印象はヘアメイクアーティスト次第と言っても良いでしょう。

ドレスとあったヘアメイク

素晴らしいスキルを持っているヘアメイクアーティストが施すと、
新婦はいつもとは別人なのではないかという印象を与える事が出来るでしょう。

ですがそこまでのスキルではない方が行なうと、イマイチ、
ドレスとあっていない…といった感想を抱かせてしまいますので、責任重大です。

その意味ではヘアメイクアーティストもまた、
やりがいのあるお仕事と言えるのではないでしょうか。

大きな特徴として、ヘアメイクアーティストを目指す人は
初めからウェディング業界を目指している場合ではないケースが多いです。

メイクアップアーティストになりたい。
その結果としてブライダルのヘアメイクアーティストになったという人も多いのです。

ブライダル業界には様々なお仕事がありますが、
ヘアメイクアーティストだけはブライダル業界を希望したのではなく、
結果としてブライダル業界に来たというケースが多いとも言われていますね。

もちろんだからといって何ら悪いという事はありません。
むしろ実力のある人がブライダル業界に来てくれて
業界としてもありがたいと思っているのではないでしょうか。