フラワーコーディネーター

フラワーコーディネーターになるには

花に関する知識や専門用語の理解、
種類や特徴の理解など基本的なことは必ず必要です。

花に関する資格は沢山あるのですから、
フラワーコーディネーターになるにはそれなりに勉強しなければいけません。

フラワーコーディネーターは意外と体力がいる仕事であり、
簡単に1つの作品を作り上げることができないので、根気も必要です。

専門学校で学び花に関する知識をつけ、
フラワーコーディネーターとしてやっていくことができる真面目さが大切でしょう。

本当に花が好きじゃないとできない仕事だと思います。
フラワーコーディネーターに必要なのは即戦力だそうです。

フラワーコーディネーターになるには
真っ先に花に関する知識をつけ経験を積んでいくことが必要でしょう。

●フラワーコーディネーターの仕事内容とは
フラワーコーディネーターとは、
結婚式での会場を装飾したりブーケやブートニアなど
花を使って演出を盛り上げるお仕事です。

フラワーデコレーターやフラワーアーティストとも呼ばれていますが、
フラワーコーディネーターとほぼ同じ意味あいをもつお仕事です。

ショップやレストランで活躍できる職業ですが、
主にブライダル業界には欠かせないスタッフでしょう。

花を使って空間を演出するというなんともロマンチックなお仕事です。

リースやアレンジメントなどの企画をされている方もいますし、
フラワーアレンジメントの資格を持っている方も多いでしょう。

ウエディングケーキやドレス、
ブーケなどブライダルにはどこを見ても花で彩られています。

結婚式にはフラワーコーディネーターが欠かせない。
新郎新婦とゲストを喜ばせる最高のお仕事です。

空間を演出する為の、
花のスペシャリストと言った方がわかりやすいでしょうか。

人を喜ばせる時に、花を買う人が多いと思いますし、
お祝いや冠婚葬祭では必ず花で演出する習慣がありますよね。

そんな花のスペシャリストが作るブライダルコーディネートは、
人々を魅了する素敵な演出ですよ♪

やりがいや楽しさ

花を贈ると言えば、愛情や友情、
感謝の意を込めて贈る場合が多いと思います。
または敬意であったり祝辞を込めている場合もあります。

そんな想いを花として伝える。
それほど素敵なことって他にありませんよね。

想いを届けるお手伝いができるなんて、魅力的なお仕事です。

フラワーコーディネーターの楽しさはそんなお客様との気持ちの共有、
お花で伝える想いを乗せたフラワーコーディネートを提供するというところにあります。

また、フラワーコーディネートして出来上がったブライダル会場は、
フラワーコーディネーターにとって一つの作品です。

まさにフラワーコーディネーターの作品を展示している会場のようなもの。
やりがいを感じないわけありません。

そこで依頼された方が喜んでいらっしゃる姿を見ると、
フラワーコーディネーターをやっていて良かったと思える瞬間だそうです。
人に笑顔を与える仕事はやっぱり素敵ですよね。