ドレスコーディネーター

ドレスコーディネーターになるには

ドレスコーディネーターになるには、資格は必要ありません。
ですが、ドレスコーディネーターの専門学校やスクールは沢山あります。

ドレスは素材選びから、
ブライダル業界での専門知識や結婚式ノウハウを身に着けなければいけませんし、
マナーやヘアメイクなど美容から対人接客まで、
総合的な知識を身に着けるには
ドレスコーディネーターの専門学校へ行くことが一番の近道です。

ブライダル系や美容系の資格を持っていると、
ドレスコーディネーターとして就職しやすくなります。
それでも簡単に手に入る資格なので、
持っていてそんなことはありません。

ブライダル業界は経験がものを言う業界でもあります。
ウエディングドレスショップや結婚式場などなど、
働き先は沢山ありますが経験を積んでいくからこそプロとしてかつやくしていける職場です。

確実な経験と知識を身につけ、
プロドレスコーディネーターを目指しましょう。

ドレスコーディネーターの仕事内容とは

ウエディングドレスを選ぶにあたってその道のプロと言えばドレスコーディネーター。
ドレスコーディネーターのお仕事と言えば、
花嫁をその日の主役として一番華やかに演出させることができる衣装選びから
アクセサリーなどのトータルコーディネートを手掛けるお仕事です。

花嫁の要望に応えるだけじゃなく結婚式そのもののイメージや会場の雰囲気、
髪型とメイクのバランスまで考えコーディネートしていきます。

体形やコンプレックスももちろん考慮してドレスコーディネートをしてくれるので、
結婚式が一生の想い出となることは間違いありません。

ドレスコーディネーターにはコーディネートセンスだけじゃなく、
婚礼マナーや結婚式のスタイルから流行りも理解しておかなければいけません。
また、新郎新婦とのコミュニケーションも必要なお仕事です。

要望に合わせたドレスコーディネートを提供することが
プロのドレスコーディネーターだと言えます。
現代のブライダルではニーズも多様になってきているので、
昔より更に演出や会場にも力を入れたコーディネート力が必要なお仕事であり、
マタニティドレスなど新しく考慮すべき点も続々と出てくる職種です。

やりがいや楽しさ

ドレスコーディネーターのやりがいは、
提供したドレスを着たお客様がライトアップされた瞬間、
実感することができるとても達成感のあるお仕事です。

式場や雰囲気にマッチしなおかつお客様の要望を兼ね備えたスタイルや好み、
色合いやバリエーションも意識したドレスをトータルコーディネートするというのは、
1つ選べばおしまいと言った簡単に済む話ではありません。

ドレスコーディネーターは女性が人生において一番輝く瞬間である、
ウエディングに携わることができる素敵な仕事です。

お客様が輝いている瞬間は1つのコーディネートが完成し注目を浴びているということ。
花嫁の喜ぶ顔や幸せに包まれた空間を共有し、
やりがいを感じることができるそうです。

「任せて良かった」「最高のドレスを着ることができた」と満足の言葉をもらった時が、
ドレスコーディネーターがプロとして輝く瞬間なんですよ。