ブライダルカメラマン

ブライダルカメラマンになるには

ブライダルカメラマンになるには、
特別な学歴や資格は必要ありませんが、
多少なりとも知識は必要な職種です。

もちろん現在活躍されているブライダルカメラマンのほとんどが、
学生から始まり全くの「無知」からスタートされた方ばかりです。

写真が好きで、人の喜ぶ仕事がしたい、
そう思う人はブライダルカメラマンを目指す資格を持っているんです。

カメラマンの養成スクールなどで簡単にカメラの基礎知識や技術を身に着けることはできますし、
飛び込みでスタジオのアシスタントとして経験をつんでいくのもありでしょう。

中には独学で地道に知識と経験を積んだという方もいますが、
やはりスクールへ通ったりアシスタントを務めてみるよりも
プロとして活躍するには時間がかかるようです。

ブライダルカメラマンは、良い仕事をして評価が上がれば需要が増えるお仕事です。

手に職をつけるお仕事なので、
ブライダルカメラマンになるには常に学ぶという姿勢で、
自ら仕事を得るための営業力も必要になってきます。

大切なのはブライダルカメラマンとしての自分の売り込み。
スタジオで経験を積むにしろカメラマンのアシスタントになるにしろ、
自分を売り込んでブライダルカメラマンとしての名前を
ブライダル業界の人々の頭の中に記帳していくことが大切です。

ブライダルカメラマンの仕事内容とは

カメラマンとはフリーランスで活動されている方がほとんどです。
時に正社員として雇用されカメラマンとして勤めている方もいらっしゃいますが、
ほとんどのプロカメラマンはフリーで活動されています。

ブライダル専門のカメラマンもいれば、多様な委託を受ける方もいます。
・新聞社で勤める報道カメラマン
・出版社に勤める雑誌や書籍に使用するフリーカメラマン
・広告制作社に努める広告カメラマン
・スタジオを拠点としているスタジオカメラマン
・ブライダル専門として在籍するブライダルカメラマン

カメラマンにも様々なお仕事がある中、
それぞれに写真を撮ることだけじゃなく別の技術や知識も必要な仕事です。

写真が好きで明るく元気、
多少なりともコミュニケーション能力があればブライダルカメラマンを目指すことができます。

カメラと言えば機材を持ち運ぶこともありますし、
カメラ機材は重いものが多いので体力も必要な仕事です。

また、対人でのお仕事です。
社交性や臨機応変に対応できる力も必要なお仕事だと言えるでしょう。

ブライダルカメラマンのお仕事にはセンスが必要だという方も多いようですが、
カメラマンの仕事には基本的にセンスは必要ないという考えの方が多いように思います。

どれだけ良い写真を撮りたいか、人々が喜ぶ仕事がしたいかという意気込みによって、
経験が詰まれていきプロのブライダルカメラマンとして活躍できるようになります。

向上心と意欲を持って行動すれば、
ブライダルカメラマンとして成功することは簡単です。

やりがいや楽しさ

写真には人の心が映るそうです。
それは、撮っている側も撮られている側も、
空気を読むように写真には心が映りこむそうです。

割り切って仕事だと楽しんで写真を撮ると、
良い写真が取れるそうなんですが、
怠いと思いながらも作り笑顔で撮る写真には魅力が感じられないんです。

ブライダル写真なんて、
幸せな空気と幸せな感情をくみ取ることができるような写真が理想です。
撮られている新郎新婦も、
写真から幸せを感じ取れるような記念を残したいと思っているでしょう。

仕事に対して「好きだから」「やりたいから」
という感情が無ければ、良いものはできません。
心を籠めなきゃ良いものは作れないんですよ。

だからこそ、ブライダル写真を撮ることが本当に好きな方は、
ブライダルでしか味わうことのできない幸せな空気と感情に包まれて仕事ができます。

その空気や達成感にやりがいを感じるそうです。

好きこそものの上手なれというように、
ブライダルカメラマンになるには
「写真が撮れたらそれでいい」という感情じゃダメなんです。