関連職種のご紹介

職種紹介

ウェディング・ブライダル業界と一口に語ってきましたが、
そこには実は様々な職種が携わっているのです。
これはどこで挙げる結婚式であっても同様です。

たとえば、ホテルで行う結婚式はもちろんのこと、
ゲストハウスで行う小規模な結婚式にだって
多くの人が携わっていることはお分かりいただけるでしょう。

「結婚式は一人では挙げられない」とは言いますが、
それは相手が必要という点はもちろんですが、
様々な人が携わっているからこそでもあるのです。

結婚式当日だけでも司会者や介添人、カメラマン等が結婚式に携わることになりますし、
結婚式の前であればブライダルプランナーがあれこれサポートしてくれることになります。

また、結婚式の直前までヘアメークさんにお世話になったり、
あるいはブライダルエステティシャンにお世話になったりするものです。

このように、多くの人が携わり、一つの形にするのが結婚式であり、
人と人との関わりが分かるから結婚して良かったと思えるのではないでしょうか。

では実際にどのような人々が携わっているのか、少しのぞいてみましょう。

具体例

司会者、ブライダルプランナー、アテンダー、
ヘアメークアーティストにブライダルエステティシャンと、
とにかく沢山の職業が存在していることが分かります。

まだ、当サイトでは挙げられないくらいに多数の職業が存在しています。
これを見ることで、ウエディング業界と言っても
実はそこには様々な人が携わっているということが解るのではないかと思います。

ウエディング業界を目指している方も、
「ウエディング業界」だけではどうしてもおぼろげになってしまいますが、
具体的にどのような形でウエディング業界に
携わりたいのかも見えてくるのではないでしょうか。

たとえば、いろいろとプランニングしたいと思っているのに、
カメラマンになっても自分自身の思いをかなえることは出来ません。

「ウエディング業界に入りたい」だけではなく、
どのような形でウエディング業界に携わるのか。

ここまで考えなければならないのですが、
どのような職種があるのか解らなければ
目指すのすら難しいものになってしまうでしょうからね。

どのようなものたちがあるのか。
それをいくつか見てみるとしましょう。

案外様々な職業があるのだなということに気付かされるでしょうし、
それらを見ることでウエディング業界に
興味が出てくるという人もいるのではないでしょうか。

自分自身が思っていたものとは違うというケースもあれば、
「こんな形で携われるのか」と気付くケースだってあるでしょうからね。

結婚式に携わる職業の紹介はこちらからどうぞ。

新郎新婦と長い時間付き合うことになるウェディングプランナーの仕事について。

どういった司会者に依頼するかで結婚式の雰囲気も変わってきます。

結婚式を影で支えるなくてはならない存在、介添人。

ウエディングにおいて、ヘアメイクをしっかりと行うことはとても大切です。

新婦をより美しくするブライダルエステティシャンという存在がいます。