神社

神社の特徴

神社ウエディングとは、
神聖で伝統ある和風のウエディングができる会場です。

白無垢や引振袖などなど、
日本の伝統の衣装で着飾ることができ、
和服背神聖な挙式をすることができる所が特徴的です。

伝統的なスタイルを好む現代人が多くなってきているようですね。
若い方を中心に「和服が良い!」という女性が多く、
神社ウエディングも人気のようです。

神社といえば、
お宮参りや七五三など子供の頃に言った思い出があるのではないでしょうか?
キレイな日本衣装を着て神社へお参りすることは和の伝統であり良き風習だと思います。

日本ならではの伝統挙式も現代ではは一風増して素敵なものになっています。
神前式と呼ばれる有所ある神社での挙式は、
家族や友人共々ゲストに見守られ伝統的な婚姻契約を交わすことができます。

日本人女性はスタイルや容姿共々和服がとても似合う。
やっぱり日本人らしい挙式がしたい!そんな方におすすめしたいウエディングです。

神社のメリット

格式が高いイメージの神社ウエディング。
それでも神前式は親近感ある雰囲気の中リラックスして出来ることが特徴ですし、
日本人女性らしい式を挙げることができるでしょう。

【神社のメリット】
・和服での挙式がとても神聖的なものになり和の心を生かした式が楽しめる
・参列者共々和装での華やかな式ができる
・色とりどりな衣装が楽しめる
・神前式での神聖な気持ちを持ち結婚式を行える
・意外と費用は安くホテルを貸し切るよりも格安に済む

神社ではホテルや専門式場などとは一切違った式を楽しむことができます。
神社で挙式を上げてホテルへ移動しての披露宴という形を取る方も多く、
やはり挙式は和風に楽しみたいという方が多いことが伺えます。

神社ウエディングの当日の流れ

ほとんどの方が神社ウエディングは神社で神前式を行い、和服に身を包んでの挙式。
そこから移動しウエディングドレスでの披露宴という流れの方が多いようです。

持ち込みでウエディングドレスを着ることもできるそうですが、
神社では追加料金がかかるところがほとんどのようです。

神社は神聖な場所です。
テンションを上げてはっちゃけながら挙式を行うところではありません。

神前式はそもそも大正天皇の結婚式から広まったことが始まり。
雅楽の音をBGMに神の前で三々九度の杯を交わすそうです。
白無垢を着た奥ゆかしい花嫁姿は一度経験してみたいですよね。

信仰に関わらず神社ウエディングを行うことができるので、
当日はプランナーに信仰を任せ和着を整えることのみに徹しましょう。
昔の神社挙式では主役となる夫婦は一切準備を行わなかったんだとか…。

神社ウエディングといえば、基本的に親族以外の参列は認められていないそうです。
少人数でおだやかな挙式を楽しむものだと考えておきましょう。