テーブルコーディネーターになるには

テーブルコーディネーターの仕事とは

一生に一度の結婚式では、
新郎新婦が思い描くような理想が必ずあります。

最初は誰もが結婚式が初めてで、
何から決めたらいいのか、何が必要なのかなどわからないことだらけです。
しかし様々な結婚式場のイベントに参加したり、

写真で比較したり、
二人で話し合いを重ねるごとに理想の結婚式のイメージが出来上がってきます。

結婚式の中でも披露宴では多くの参列者をおもてなしするとても大事な場所です。
その披露宴会場を新郎新婦らしく、
好みの空間にしていくのがテーブルコーディネーターの仕事です。

同じ空間でも、使う素材、色目、
テーブルの形など選ぶものによって雰囲気は大きく変わります。

沢山の披露宴会場を抱えているところは、
ある程度のテーマがある事が多いです。

しかし披露宴会場が少ない場合は、
どのようなテーブルコーディネートでも合わせやすいように作られています。
だからこそ新郎新婦の好きな空間に仕上げることができます。

披露宴会場のテーマに合わせながらも
より個性を出すような演出をするのもコーディネーターの大事な仕事です。

テーブルコーディネーターの仕事のやりがい

テーブルコーディネーターは
新郎新婦の理想の披露宴会場になるようにコーディネートをすることが一番の喜びです。

披露宴会場を見た時に新郎新婦の満足度が一番のやりがいとなるでしょう。

そのためには新郎新婦のイメージする披露宴を聞き取り、
より理想に近い物を作り上げていくことが大事です。

会場全体の雰囲気に合わせつつ、
新郎新婦のオリジナル感を出す事ができた場合、達成感を感じる事ができます。

最新のテーブルコーディネートをチェックしたり、変わったアイテムを探したり、
どのように組み合わせるといいのか
試行錯誤していくと自分の感性を高めていくことができます。

結婚式に参列した人たちに対して、
新郎新婦らしいおもてなしを実現できるやりがいのある仕事です。

テーブルコーディネーターに必要な資格

テーブルコーディネーターになる為には、必要な資格はありません。

バンケットサービスで様々なテーブルコーディネートを学ぶこともでき、
いろんな披露宴会場に派遣で行くことで
多方面から情報を得ることもできます。

またこだわりがあるレストランで食事をすることで
テーブルコーディネートの参考にもなります。

結婚式に限らずいろんなテーブルコーディネートを見る事で知識の幅も広がり、
一部分を取り入れるなど提案の幅も広がります。

テーブルコーディネーターとしてより有利に就職をするためには、
TALK食空間コーディネーターの資格を取得する事がお勧めです。

その他にもジャパンテーブルコーディネートスクールに通い
卒業証書を取得するとプロのテーブルコーディネーターとして活躍することができます。