司会者になるには

司会者の仕事とは?

結婚式や披露宴などで、進行役を務めているのが司会者です。
結婚式は一生に一度の事なので、決して失敗は許されません。

大きなプレッシャーを感じながらも
無事に成し遂げられた時の達成感と幸福度は他ではなかなか味わう事ができません。

新郎新婦と数か月前から打ち合わせを交わし、
二人がイメージする結婚式を一緒に作り上げていきます。

結婚式をスムーズに進行させる事と場の雰囲気を盛り上げたり、
感動的に演出したり、
急なアクシデントに柔軟に対応しなければいけません。

そのため司会者の臨機応変な行動や発言が結婚式の雰囲気を大きく左右します。

責任が重い仕事でもありますが、
その分新郎新婦や参列した方々に喜んでもらえる結婚式がなし遂げられた時、
司会者冥利に尽きると感じるでしょう。

司会者のとしてのスキル

そこで実際に結結婚式の司会者になりたいと思った場合、
どのようなスキルが必要になるのでしょうか。

まず司会者として大人数の前でマイクを使用して進行役を行う為、
アナウンサーと同様正しい発音、正しい言葉づかいは必須です。

その他にも姿勢やマナー、時間配分や結婚式場のスタッフとの連携、
上品で清潔感がある服装を心がけなくてはいけません。

これらの基礎を学ぶためにアナウンサーの専門学校に通う人もいれば、
司会者が多く所属する事務所に入りその場で体験をして覚えていく方法があります。

人によって選択肢は異なりますが、
自分の今のスキルと比較して足りない部分が多いので
あればスクールに通う方が確実でしょう。

また結婚式当日だけでなく、より重要なのが新郎新婦との打ち合わせです。

二人が行いたい理想の結婚式を実現するためには、
二人の気持ちや状況をくみ取りながら行わなければいけません。

結婚式の原点と言える部分になる為、
コミュニケーション能力がとても重要です。

司会者に向いている人

結婚式の司会に向いている人としてあげられるのがコミュニケーション能力です。

結婚式は司会者、結婚式場スタッフ、介添え人、
照明・音響スタッフ、レストランサービススタッフなど多くの人が
協力する事で成り立っています。

そのため結婚式の時間配分や結婚式場の雰囲気など全体の場を見渡しやすい
司会者は常にいろんな気配りを行う必要があります。

毎回結婚式の雰囲気は新郎新婦の希望や参列するゲストによって異なります。
その場をより盛り上げたり、雰囲気を変えるなどの臨機応変な対応が必要になります。

特に急なトラブルは万全な準備を行っていても起きてしまう可能性があります。
その時に慌てず落ち着いて、柔軟な対応がとれるのかどうかが大事になります。

経験を積んでいくことでよりスキルも高くなり、
事務所から独立して個人としても活躍する事ができる職業です。