ブライダルプランナーになるには

ブライダルプランナーとは

一生に一度の結婚式だからこそ、
いつまでも思い出に残るものにしたいと誰もが思うでしょう。

初めて行う結婚式だからこそ、
当の本人たちは分からないことだらけです。

結婚式の常識、マナー、
しきたりなどを守ったうえで、
自分たちらしい結婚式を作り上げていかなければいけません。

初めての結婚式を滞りなく進めていくために、
共に計画を進めていくのがブライダルプランナーの役割です。

ブライダルプランナーは、
新郎新婦が望む結婚式を実現させるために様々なプロデュースをしていく職業です。

同じ会場で挙げる結婚式でも、演出、衣装、テーブルコーディネート、
フラワーコーディネートなど選ぶものによって大きく雰囲気が変わります。

より新郎新婦の希望に沿った結婚式の実現のために、
数か月間にわたり打ち合わせを行っていきます。

ブライダルプランナーは資格がいるのか?

ブライダルプランナーは国家試験などが必要な職業ではありません。

国家試験はありませんが、
ABC協会認定ブライダルプランナー検定やWBW認定ウェディングスペシャリスト、
アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定などの資格があります。

これらの資格を取得した方が就職には有利とされ、
専門学校や短期大学ではブライダル科などで取得できるカリキュラムが組まれています。
専門学校では実際の結婚式場と同じような施設を構えているところも多いです。

学校内に教会や披露宴会場があり、
実際に模擬結婚式などでスキルを身に付ける事ができます。
より実践に近い形で経験を積むことで即戦力として、活躍する事ができます。

また最も大事とされるコミュニケーション能力も授業で基礎から学ぶことができます。

ブライダルプランナーは結婚式だけの知識では無く、
花やドレスやテーブルのコーディネートやヘアーやメイクアップの知識、
レストランサービスのおもてなしなど様々な分野の知識を必要とします。

そういった知識が高いという意味で様々な協会から資格や検定を取得する人が多いです。

学校に通うのが一番

ブライダルコーディネーターになる為に、一番効率がいい方法は専門学校に通う事です。
本来資格が必要ではない為、就職試験でそのまま希望の会社を受ける事もできます。

ただし人気のある職業なので、やはり資格がある方が就職には有利だと言えます。

実際に通う事で接客の基礎やおもてなしの心などを学び、
プランナーとしての素質を磨く事ができます。
また教会や披露宴会場など施設が整っているため、
より実戦に近い経験を積むことができます。

プランナー以外でも、ドレスやヘアーやメイク、
レストランサービスの技能など様々な分野の地しいを学ぶことができます。
幅広い知識を得る事ができるのが一番のメリットだと言えます。

また資格を取得しやすく、
就職にも有利に働くため学校に通うのは一番メリットが多い方法だと言えます。