音響・照明になるには

ブライダルの音響・照明とは

結婚式は新郎新婦と関係者にとって、
人生における一大イベントです。

今までカップルで沢山の思い出があり、
そして新たに夫婦となって人生のスタートを切ります。

そんな二人にとって結婚式はとても大事な思い出となり、
多くの人に永遠の愛を誓う事になります。

そのため参列者にとっても新郎新婦にとって大事な一日となります。

結婚式は、サービススタッフ、介添人、司会者、エスコート、
メイクスタッフなど沢山の人の手によって出来上がっています。

そのためチームワークが重要です。

結婚式当日だけでなく事前準備においても多くの人が関わり、
誰もが新郎新婦の幸せを考えて動いています。

その中でも音響と照明は、
披露宴を盛り上げる演出の一つとしてとても重要な役割をしています。

主役の二人を照らす照明は、変化を付ける事で注目度が大きく変わります。

また音楽に関しては、適したタイミングで、
適した音楽を掛ける事が大事です。

新郎新婦の思い出の曲などが流れる事が多い為、
オリジナル感がとても表現される分野です。

音響と照明の魅力

音響や照明は裏方というイメージが強いでしょう。
スタッフルームにこもりきりになる事も多くほとんど表に出る事はありません。

しかし会場全体を見渡しながら、
結婚式の雰囲気を察して臨機応変に対応しなくてはいけません。

適した音量になっているか、司会者の声が聞こえにくくなっていないか、
参列者へのインタビューでは微妙な調整が必要な場合もあります。

参列している人が心地よく過ごせる空間を演出しつつ、
演出ごとに適したタイミングで、
新郎新婦の希望の曲を流し、思い出深い結婚式を作り上げられるのが魅力です。

参列者の曲が流れた時の反応や照明が変わった時の歓声など、
新郎新婦が望んでいるようなリアクションだったとき、
音響の仕事のやりがいを感じられるでしょう。

音響と照明の資格は?

ブライダルの音響や照明を行う為にとらなくてはいけない資格はありません。
ただし、ブライダルの中でも専門職になる為、
音響に関する知識が無ければ行けません。

場合によっては、ブライダルを担当にすることになってから
現場で一から学ぶ場合もあります。

初めから音響や照明を希望している場合は、
専門学校で音響知識を学ぶことから始める人も多いです。
もしくはイベントなどの音響関連で仕事をして
経験を積んでからブライダルに転職する人もいます。

音楽は感性の部分も大きい為、
普段から沢山の音楽に聞きなれている人の方が
よりいい演出をすることができます。

さらに最新の曲から定番の曲まで、
幅広い音楽の情報も知っておく必要があります。

そのため音楽に興味がある人、
機械操作が得意とする人でなければ難しいでしょう。

特に資格などが必要なわけではありませんが、
どの機械でも操作できるノウハウや万が一のトラブルが起きた時でも
対処できる機械能力などの経験値が必要です。

沢山のスタッフがいるわけでは無く、
一つの会場に一人か二人程度なので、
責任感も強く演出のプロデューサーとして活躍する事ができます。