勤務時間や休日について

忙しいイメージがあるウエディングプランナー

ウエディングプランナーは、
結婚という人生の節目に関わる事の出来る素敵なお仕事であり、
だからこそ責務ある仕事です。

結婚式を行うためには、事前に様々な準備を行い、
お式当日、終了するまで気を抜くことができません。

お二人の、両家の幸せのために働くウエディングプランナーは、
正直、プロデュースが始まると自分の時間を割くことも多くなります。

結婚される方がサラリーマンとOLさんであれば、
平日の打合せはお仕事が終わってからという事になる事が多いので、
結果、夜8時くらいから・・・という事もあります。

平日は無理という方は土日に打合せしますので、時間をあわせることも必要です。

新郎新婦が気が付いたことを電話で連絡してくることも多いので、
常に体制を整えておくことが必要ですし、
調べることも多くなりますので必然的に残業が多くなる仕事です。

自分が担当するカップルの挙式の際には、
早くから準備するために現場に入り、
失敗、トラブルがないように細かに気を配る事が
必要で神経をすり減らしながら行う仕事ともいえます。

休日はいつ取れるの?

新郎新婦の時間に合わせて打合せなどを行うので、
ウエディングプランナーは休日って
あまりとれないのではないか?と思う方も多いでしょう。

結婚式は土日に行われることがほとんどで、
打合せなども土日、平日の夜という事が多くなります。
確かに休日はいつなんだろう?と疑問になるのも納得です。

しかし、通常ホテルや結婚式場に所属していることが
多いウエディングプランナーですから、
勤務先によって違いがありますが、シフト制でお休みをとるという形になります。

一般的に1ヶ月に8日休日をとるという形です。

また結婚式をお盆やお正月に行うという人はほとんどありませんし、
クリスマスなどのイベントのある時も、ゲストの事を配慮し挙式は少ないです。

年末年始、お盆などは休日になる可能性が高く、また年次有給も慶弔休暇も取れます。

ただ土日、祝日はお式が入る事が多くなるので、
土日にお休みをとるのは難しいと考えておく方がいいでしょう。

休日返上で働く覚悟も必要

プランを作る、結婚式をプロデュースする中で、
プランを練り直したりすることもあります。

結婚式という特別なイベントになるのですから、
お二人と両家のためにトラブルやアクシデントは絶対に避けたいですし、
その為に、休日返上で調べ物をしたり、
もう一度プランを練り直す事も多々あります。

休日をとっている日、
担当するカップルの衣装合わせが重なってしまった・・・という時も、
当然お客様の方を優先する事になります。

常に優先順位は自分のプライベートではなくカップルのスケジュールです。
ただ経験を積んでいけば、次第に仕事の調整ができるようになっていきますので、
休日のとり方についても経験する中から上手になっていくはずです。