ヘアメイクアーティストになるには

ヘアメイクアーティストの仕事

結婚式は一生に一度の大事な一日です。
新郎新婦にとっては人生の新しいスタートとなり、
その時を多くの人が祝福に駆け付けてくれます。

結婚式の主役は新郎新婦です。
二人がより輝く一日になる為に、
結婚式の当日は多くのスタッフがかかわり結婚式を行います。

直接新郎新婦に大きな影響を与える職種の一つとしてあげられるのが、
へアメイクアーティストです。

結婚式の主役である花嫁をヘアアレンジやメイクでより一層美しく仕上げていきます。
衣装を何着か着用する場合は、
それぞれの衣装に合ったコーディネートを提案しなければいけません。

そしてそれぞれの衣装に対して、
花嫁の希望に沿ったコーディネートをしなければいけません。

また結婚式当日はタイムスケジュールが決められています。
限られた時間の中で打ち合わせ通りに仕上げられるテクニックも必要になります。

花嫁をより綺麗に

結婚式の主役である花嫁は、
一番美しく華やかでなければいけません。
花嫁姿に大きな影響を与えるのが、ヘアメイクです。

メイクやヘアアレンジは、花嫁の印象を大きく変えます。

クールなイメージとふんわりとした雰囲気では
全く正反対のコーディネートになります。

新婦の雰囲気に合ったものや好きなもの、
衣装との組み合わせや全体的に見た時のバランスや
コーディネートなどを考えながら提案しなくてはいけません。

またヘアアレンジの際には、ティアラや王冠、
生花や花かんざしなどのヘアアレンジを
より豪華にさせるアイテムを使用します。

新婦の好みを取り入れながらも全体のバランスを考えて
様々な提案力の中から新婦に選んでもらう事になります。

ヘアアレンジやメイクなどの知識だけでなく、
新婦とのコミュニケーション能力もとても重要です。

思うようなメイクでなければ、新婦を笑顔にすることはできません。
そのため前撮りや事前の打ち合わせを入念に行うようにしましょう。

ヘアメイクアーティストへの道のり

人を美しくする仕事は、誰もが憧れを抱くでしょう。

中でも一生に一度の結婚式のヘアメイクを担当できることは、
やりがいもあり多くの人に喜んでもらえる仕事です。

そこでヘアメイクアーティストになる為にはどうしたらいいのでしょうか。

特にブライダルを担当したいという希望があった場合、二つの方法があります。

一つ目は、ブライダル専門学校に通う事です。
結婚式のノウハウを学ぶ中で、
ヘアメイクの知識や実習・実践を行う機会を持つ事ができます。

模擬結婚式などを行う中で、より本番に近い状態で学ぶこともできます。
またその他の結婚式に関する知識を学ぶことができるというメリットがあります。

二つ目は美容学校に通う事です。
美容師の資格を得るともに、ブライダルのヘアメイクも実習として行います。
美容に関する知識を幅広く得たいという人には美容学校を選ぶ方が良いでしょう。